そこはかとなく漂う昭和のかをり(^_^;)
プロフィール

gindanuki

Author:gindanuki
好奇心旺盛な(だけど飽きっぽい)
昭和生まれのオバサンブログ
カクレガ(自室のことさ)から
発信します。

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
先月末、4年前にデンバーでお世話になった方が来鶴してくださったおかげで
多分、拝観することないだろなと思っていた蜂子皇子(はちこのおうじ)の御像に会うことができました。
(地元のニュースで女性アナウンサーが「はちのこおうじ」と言ったらしいwwなんか可愛い)



一緒に羽黒山の2446段の石段を登ることになっていたのですが朝になってへこたれてしまい(前日の酒のせいもある)
ホストファミリー引き受けてくれたNちゃんの車に乗せてもらって、楽な車道コースwで
山頂の三山神社までのお迎えに同行させてもらいました。皆の足手まといになるのもつらいしww

茅葺
こんなに大きな茅葺の屋根の神社は他に知りません。凄いです

三山神社
参拝中・・じゃなく撮影中のNちゃん

子供の頃は軽々と登ることができた石段の参道ですが 今の私の体力では登りきる自信がありません。
普通に道歩いても膝がカックンとなるぐらいですからww

石段
下っていく人々 健脚だなあ 下りは結構疲れるよ

蜂子神社前でお祓いしてもらい、御守りを頂いた後に「ごたいめ~ん」(古っ)
お馴染みの(地元ではw)黒い顔した行者風のいでたちとは全く違う穏やかな御像でした。

蜂子神社
蜂子神社 そういえば有ったようなw

巫女さんから説明があったのですが、崇峻天皇が蘇我馬子に・・・のくだりでは
山岸涼子さんの「日出処の天子」でのそれぞれの顔がクッキリと浮かんだよww
ああ、ありがたきかな少女漫画 (*´▽`*)

140年ぶりの公開だそうで次はいつになるのかわからないそうです。
ラッキーでした☆彡 ご縁があったんだなぁ(*´▽`*)
ジムさん、Nちゃんありがとうございました~(^^)/


輪っか
こんなんありました~。本物を初めてみました。 くぐってはいないです


今回はかなり楽をしましたが、涼しくなったら久しぶりに参道を自分の足で登ってみようかなと思います。
二の坂の茶店で玉こんにゃく食べながら、黄金に染まった庄内平野を眺めたいです。


スポンサーサイト
2014/07/05 23:31 ちょびっと外出 TB(-) CM(6)
月別アーカイブ
09  06  05  04  01  11  10  08  07  06  04  12  11  10  10 
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。